スポンサーサイト

trackback (-) | comment (-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精油の服用 〜医学博士が認める薬効

trackback (0) | comment (0) | アロマテラピー
アロマテラピーにはイギリス系、そしてヨーロッパ系(フランスやベルギーなど)、
言ってみれば二つの流派があります。

端的に言うと、イギリス系は「リラクゼーション」、
ヨーロッパ系は「メディカル」。

イギリス系では精油の服用は禁忌とされていますが
ヨーロッパ系では精油は「薬」として使われ、もちろん服用もOKなのです。

私はイギリス系のアロマテラピー学校で資格を取ったので、
精油の服用はNGと教えられていました……が。
学べば学ぶ程、薬として飲みたい!!という気持ちが
ムクムクと(笑)湧いて来たことを覚えています。

「この本を読むといいよ」と教えられた
マギー・ティスランド(著)「女性のためのアロマテラピー」にも
風邪や扁桃腺のときにニアウリを服用するといい、とありますし……
私服用しています(笑)
風邪のとき、ニアウリをハチミツひとさじに一滴落として。

で、この一冊です。
川端一永(著) 医師が認めたアロマセラピーの効力―「精油」を嗅ぐ、塗る、飲む…なぜ、さまざまな病気に効くのか


医学博士であり、日本アロマセラピー学会初代評議員長が
嗅ぐ、塗るだけでなく「飲む」精油の使い方も教えてくれています。

アロマテラピー(精油)って「何か効きそう」という雰囲気だけでなく
科学的に効用が認められているもの。
オシャレとかリラクゼーションとかふんわりしたものではなく
もっと実際的で、家の薬箱に入っててもいいものなのです。


医師が認めたアロマセラピーの効力―「精油」を嗅ぐ、塗る、飲む…なぜ、さまざまな病気に効くのか (KAWADE夢新書)

新品価格
¥720から
(2015/6/14 18:38時点)



スポンサーサイト

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。